【図解でわかりやすい】マクドナルドのマックグリドル ソーセージエッグの中身を詳しく解説!

今回は、マクドナルドの朝マックメニュー「マックグリドルソーセージエッグ」を詳しく解説します。

中身

マックグリドル ソーセージエッグ

マックグリドルソーセージエッグはマクドナルドのモーニングメニュー「朝マック」時間帯(AM5:00~10:30)に販売されているサンドです。

シロップが練りこまれた「グリドルケーキ」で、ぷるぷるの「エッグ」とジューシーな「ソーセージパティ」、濃厚な「スライスチーズ」を挟んでいます。

マックグリドルソーセージエッグのパッケージは白地に赤文字のラップです。

なお、マックグリドルソーセージエッグのラップはマックグリドルソーセージ、マックグリドルベーコンエッグと共通のものとなっています。

価格

チキンクリスプマフィンの価格は以下の通りです。
単品 300円
バリューセット(サイド&ドリンクM付属) 500円

カロリー

マックグリドル ソーセージエッグのエネルギーは、公式サイトによると 550kcalとなっています。(2020/11/7現在)

フィレオフィッシュのエネルギーが323kcalなのでそれよりも高いです。

朝マックメニューの中では高めのエネルギーです。

ちなみに朝マックメニューで最もエネルギーが高いサンドはメガマフィンで695kcalです。

注意点

特にソースが入っているわけではないので、それぞれの材料の味が前面に出てきます。

「グリドルケーキ」と「ソーセージパティ」、「エッグ」の分厚さでちょうど良いボリューム感になっています。

ただし良くも悪くも味が濃く、よく喉が渇きます。

マックグリドルソーセージエッグを食べる際にはドリンクが必須となるでしょう。

マックグリドルソーセージエッグは朝マックサンドの中では比較的ボリュームがあるので、「朝は軽く済ませたい!」という方には向いていないかもしれません

朝マック限定のグリドルシリーズの3種の中で最もボリュームがあるこちらの商品ですが、中身を見るとソーセージエッグマフィンと同じものとなっています。

ちなみにマックグリドルソーセージエッグの単品価格は300円、ソーセージエッグマフィンの単品価格は250円なので、差額の50円が「マフィン」と「グリドルケーキ」の差になります。

またグリドルシリーズは朝マック商品の中でも個性派であるため、味も好みがかなり分かれます

つまり、グリドルケーキに価値を感じない方、期待外れを避けたい方はソーセージエッグマフィンがおすすめとなります。

逆に「ボリューム感のあるパンケーキサンドを食べたい!」という方には非常におススメとなります。

なお、公式アプリなどで割引クーポンが配信されている場合はお得度の状況が変わるので注意が必要です。

【参考】マクドナルド公式サイト
マクドナルド公式サイト

コメントする

CAPTCHA