【図解でわかりやすい】マクドナルドのエッグマックマフィンの中身・価格・注意点を詳しく解説!

今回は、マクドナルドの朝マックメニュー「エッグマックマフィン」を詳しく解説します。

中身

エッグマックマフィンの中身は以下のようになっています。

エッグマックマフィン

エッグマックマフィンはマクドナルドのモーニングメニュー「朝マック」時間帯(AM5:00~10:30)に販売されているサンドです。

こんがり焼かれた「マフィン」で、香ばしい「カナディアンベーコン(ハムに似たもの)」とプルプルの「エッグ」、濃厚な「スライスチーズ」を挟んでいます。

ちなみに「カナディアンベーコン」はエッグマックマフィン以外では使用されていません。

エッグマックマフィンのパッケージは黄色のラップです。

ソーセージエッグマフィン、ソーセージマフィンとラップが共通化されていて、包む方向で区別できるようになっています。

エッグマックマフィン

価格

エッグマックマフィンの価格は以下の通りです。
単品 200円
コンビ(ドリンクS付属) 250円
バリューセット(サイド&ドリンクM付属) 400円
ハッピーセット(サイド&ドリンクS&おもちゃ付属) 470円

カロリー

エッグマックマフィンのエネルギーは、公式サイトによると 311kcalとなっています。(2020/11/2現在)

フィレオフィッシュのエネルギーが323kcalなので同程度です。

朝マックメニューでは比較的エネルギーが低めです。

ちなみに朝マックメニューで最もエネルギーが高いサンドはメガマフィンです

味:かなりあっさり

特にソースが入っているわけではないので、材料それぞれの味がかなり前面に出てきます。

しかしながら、味を決める肉の部分である「カナディアンベーコン」の味がわりと薄めです。

他のマフィンで多用されている「ソーセージパティ」よりも、かなりあっさりとした印象です。

優しい味なので、大人も子供も安心して食べることができます。

朝マックのメニューですから正直ボリューム感は弱いですが、これがちょうど良いという方もかなりいるかと思います。

もっとお腹を満たしたいのであれば、ソーセージマフィン(110円)などを一緒に注文することをおすすめします。

注意点

全体の感想をひとことで言うと

これを食べれば外れない

です。

前述したように、このサンドは単品からコンビ、バリューセット、ハッピーセットまで幅広く展開されています。

はっきり言って万能です。

ここで改めて価格を見ますが、単品(200円) に対してコンビが250円となっており、差額の50円でドリンクSがついてくるのでかなりお得です(ドリンクSは単品価格100円から)。

また、コンビが設定されているサンドも限定されているので、やはりエッグマックマフィンはコンビがお得だと感じます。

なお、公式アプリなどで割引クーポンが配信されている場合はお得度の状況が変わってしまうので注意が必要です。

皆さんも是非一度、食べてみてくださいね。

【参考】マクドナルド公式サイト
>>マクドナルド公式サイト

コメントする

CAPTCHA